脱毛を検討されている方へ

永久脱毛とは

ご存じですか?“意外と知られていない”永久脱毛の定義
img

まずは“意外と知られていない”永久脱毛の定義について解説していきます。

永久脱毛とは言葉の通り、ムダ毛が永久に生えてこないように処理をすることとお考えだと思います。
しかし、結論から申し上げますと完全に毛が生えてこなくなる脱毛方法は現状存在しておりません。
医療レーザー脱毛や電気脱毛などは、毛を生成している細胞を破壊するため理論的には永久脱毛ができますが、実際には数ヶ月~数年経つとまた生えてきてしまいます。
これは、毛の細胞が無数に存在するためで完全にすべての細胞を破壊することは難しいからです。

ではなぜ「永久脱毛」を謳うクリニックやエステが存在するのか。
それは一般的に考えられる「永久」とは定義が異なるためです。

これまで米国電気脱毛協会(患者様に良質な永久脱毛サービスを提供することを目的に1958年に設立された米国最大の電気脱毛士団体)では「最後に施術を行ってから1ヶ月後の毛の再生率が20%以下であればよい」と定義していました。
この定義に対して、1998年ハーバード大学の研究グループが新たな永久脱毛の定義「永久減毛」(permanent hair reduction)を提唱します。
この定義は「施術後に、身体の各部位における毛周期を超える期間で毛の数が明らかに減少している状態を持続すること」となっており、現在ではこの定義が永久脱毛の定義として広く支持されています。(本サイトでは以後永久脱毛効果と表記)
美容大国である米国のFDA(日本の厚生労働省にあたる機関)でも採用されておりレーザー脱毛器の認可はこの定義に基づいて行なわれています。

img

以上より、永久脱毛といっても永久に毛が生えてこなくなるわけではないので注意が必要です。
ただし、適切なタイミングで複数回施術を行うことでだんだんと毛は薄く、細くなり、生えてくる時間も遅くなっていきます。
そして最終的にはほとんど自己処理の要らなくなるお肌になりますのでお肌を傷めず確実に脱毛を行いたい方には、医療レーザー脱毛をおすすめいたします。

ページトップへ